×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就職面接の種類と対策

面接の種類とそれぞれの対策とは?

就職活動には面接が付き物ですが、面接にはいくつか種類があります。
面接で知ることとは、その人がどういった人物かという点です。

履歴書やエントリーシートでは見えないところを見るものといえます。
基本的に、二つある面接のうちのどちらかになります。

グループ面接

面接を受ける人は複数で面接官が指示する順番か挙手によって質問に答える形式です。
グループ面接は一次面接でよく用いられる方法であり、最終に近づくほど行われなくなります。

他人が答えた質問と同じ質問に答える場合もありますので、発言内容がかぶらないように注意をするなどのことも必要になってきます。

グループの中で自分が1番になれるように意識するようにしましょう。
グループ面接では1人に与えられる時間が少ないので短時間でアピールできるようにする必要があります。

相手に好ましい印象を持ってもらうことが、グループ面接の肝となります。
面接開始前から既に、面接官が見ていることは理解しておきましょう。

最後の最後まできちんとやることが重要です。

個人面接

個人面接では、自分1人で面接官とやり取りをするというタイプの面接です。

グループ面接と違ってじっくりと会話する中でさまざまなことが評価されます。
重要な個人面接のポイントは面接官との会話が成立することです。

職場の人間関係に溶けこめるか、仕事への意欲はあるか、求められる仕事をこなせる人物かなどを、会話を通じて企業は見極めようとします。

過去の出来事を整理しまとめておいたり、会社に関する下調べをきちんとしておくことが、就職試験の面接では必要です。